2007年03月03日

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域で皆既月食

Total Lunar Eclipse to Be Visible Saturday Night

【単語・フレーズの意味】
・lunar Eclipse 月食


★テーマ「皆既月食」


(ひと言)
3日、ヨーロッパ、アフリカ、中東の地域で、月が地球の影に完全に隠れる皆既月食が見られます。


The moon will turn shades of red Saturday during a total lunar eclipse.

3日、月が地球の影に完全に隠れる皆既月食が見られる。


The best views of the eclipse will be in Europe, Africa and the Middle East, but it will also be at least partly visible in Asia and the Americas.

観測可能地域はヨーロッパ、アフリカ、中東の地域。しかし、アジアやアメリカ大陸では部分月食が見られる。

【単語・フレーズの意味】
・Middle East 中東


Lunar eclipses occur when the sun, earth and moon are in a near-perfect line in space, a relatively rare event.

月食は太陽、地球、月が一直線になった際に見られる現象で、めったに訪れない。
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ディスカバリー、ISSとドッキング成功

US Shuttle 'Discovery' Docks With Space Station

【単語・フレーズの意味】
・dock with ... …とドッキングする


★テーマ「スペースシャトル・ディスカバリー」


(ひと言)
9日夜に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「ディスカバリー」が、11日午後5時12分(日本時間12日午前7時12分)、国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングに成功しました。


The American space shuttle Discovery has docked with the International Space Station, beginning a week-long mission of major renovations to the orbiting laboratory.

米スペースシャトル「ディスカバリー」は国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。この軌道しているISSで1週間に及ぶ大がかりな改築作業を行う。

【単語・フレーズの意味】
・International Space Station 国際宇宙ステーション(=ISS)
・orbit ... …を旋回する


Crews from the U.S. space shuttle Discovery and the International Space Station are preparing for Tuesday's space walk, the first of three for the current mission.

スペースシャトル「ディスカバリー」とISSのクルーは12日に3つの任務のうちの1つである船外活動を行う。

【単語・フレーズの意味】
・crew 乗組員、乗務員


(追記)
宇宙飛行士らは重量2トンの部品を梁の形をした基幹部分に取り付ける作業を開始します(Astronauts will begin the installation of a new two-ton segment to the station's girder-like backbone)。

7人の乗組員の中にはスウェーデン初の宇宙飛行士であるクリスター・フューゲルサング氏も搭乗しており、船外活動を行う2人のうちの1人(The seven Discovery crew members include Sweden's first astronaut, Christer Fuglesang, who will be one of two space walkers)。

スニータ・ウィリアムズ飛行士は、ISSに滞在していたドイツ人のトーマス・ライター飛行士に代わり、半年間をISSで過ごすこととなります(Astronaut Sunita Williams is exchanging places with station crew member Thomas Reiter of Germany and will stay on the station for the next six months)。
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

スペースシャトル「ディスカバリー」打ち上げ成功

Shuttle Heads to Space Station in First Night Launch in Four Years

【単語・フレーズの意味】
・launch 打ち上げ


★テーマ「スペースシャトル打ち上げ成功」


(ひと言)
7日夜に打ち上げる予定だったが、悪天候で延期されていた米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「ディスカバリー」は9日午後8時47分(日本時間10日午前10時47分)、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられました。


After a two-day launch delay, the U.S. space shuttle Discovery is back in orbit, heading to a Monday rendezvous with the International Space Station.

2日間の延期後、米スペースシャトルの「ディスカバリー」は軌道に乗り、11日に行う予定のドッキングのため国際宇宙ステーション(ISS)へと向かった。

【単語・フレーズの意味】
・delay 延期
・orbit 軌道
・rendezvous 集合 ※発音注意
・International Space Station 国際宇宙ステーション(=ISS)


The launch from Florida was the first to take place at night in four years. As VOA's David McAlary reports from Washington, the Discovery astronauts will rewire the growing research outpost for increased power and install a new component on its backbone.

フロリダからの夜間の打ち上げは4年ぶり。VOAのデビッド・マクアレイのワシントンからの報告によると、ディスカバリーの宇宙飛行士らは、数が増えてきた実験棟の電力供給拡大のため、また、新しい部品を基幹部分に取り付けるために、配線を整える作業を行う。

【単語・フレーズの意味】
・take place 行われる
・astronaut (特に米国の)宇宙飛行士 ※ロシアは「cosmonaut」
・rewire ... …に配線し直す
・outpost 前哨地
・install ... …を備え付ける
・component 部品
・backbone 基幹
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

NASA発表「火星に流水が存在」

US Scientists Say New Evidence Shows Water on Mars

【単語・フレーズの意味】
・Mars 火星


★テーマ「NASA火星探査」


(ひと言)
NASAは、火星探査機で「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が送ってきた画像を解析し、火星に現在でも液体の水が流れているのではないかという見解を発表しました。


Scientists say U.S. satellite images of Mars provide strong evidence that liquid water still flows on the red planet, suggesting an environment that could be hospitable to life.

米科学者らは、火星探査衛星が撮影したこの赤い惑星に現在でも液体の水が流れていることを証拠づける画像を発表した。生命体が存在できる環境であることが確認された。

【単語・フレーズの意味】
・satellite 衛星、(人工)衛星
・image 映像、画像
・planet 惑星
・hospitable to ... …に適した


But new pictures also show other signs that Mars could be a dangerous place for life, specifically visiting astronauts.

しかしながら同時に新しい画像は、火星は生命体にとって、特に宇宙飛行士が上陸するのには危険な場所であることを示している。


The images come from a spacecraft that orbited Mars for a decade, the Mars Global Surveyor, which the U.S. space agency recently lost contact with.

これら画像は、10年の間、火星を軌道していたが、最近通信が途絶した火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」から送られてきたもの。


Researchers compared some its final pictures of the Martian surface with ones it took seven years ago and have documented the formation of new craters and possible evidence for liquid water flowing in gullies.

科学者らは、7年前に撮影された火星の表面と今回、最後に送られてきた画像を見比べて、新しいくぼみが形成されているのを発見し、その溝に液体の水が流れていたのではとの見解を発表した。

【単語・フレーズの意味】
・surface 表面
・ducument ... …の証拠を立証する
・crater クレーター
・gully 溝


(追記)
前回の調査では、数百年前に火星に川が流れていたのではといった結果が発表されましたが、サイエンス誌に掲載された新しい画像は、ちりまみれの不毛なこの惑星に現在でも水が流れていることを裏づけるものとなっています(Previous findings have suggested that water flowed on Mars millions of years ago, but the new images published in the journal Science indicate it still runs on what was thought to be only a dusty, barren planet)。

しかしながら火星には隕石が絶え間なく降り注いでいるので、いつの日か宇宙飛行士を送ることは、非常な危険を伴うことになるとみられています(But sending astronauts to explore Mars someday might be threatening because of the apparent continual bombardment by space rocks)。
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

NASA、月面基地建設の構想を発表

US Announces Moon Base, Lunar Lander Plan

【単語・フレーズの意味】
・lunar 月の
・lander 着陸船


★テーマ「NASA、月面基地構想を発表」


(ひと言)
米航空宇宙局(NASA)は、恒久的な月面基地建設の構想を発表しました。


The United States says it plans to establish the first permanent human base on the moon by 2020 at the latest.

米国は2020年までには月に恒久的な有人基地を建設するといった計画を発表した。

【単語・フレーズの意味】
・permanent 恒久的な
・at the latest 遅くとも


The space agency NASA has revealed its plans for locating the outpost and for a landing craft that would carry astronauts from the base to explore other regions.

宇宙機関の米航空宇宙局(NASA)は、月に宇宙飛行士を乗せた輸送艇を上陸させることができる前哨基地の建設計画を発表した。それによって、月を拠点として他の惑星を探索することが可能になる。

【単語・フレーズの意味】
・outpost 前哨地
・craft 宇宙船
・astronaut (特に米国の)宇宙飛行士 ※ロシアは「cosmonaut」


(追記)
NASAの月面居住計画によると、月の両極のどちらかに基地を建設すると予定されます(NASA's plan for beginning human occupation of the moon will most likely begin at one of its poles)。

NASAの月探査計画者であるダグラス・クック氏は、両極は比較的安全で気温も適しているとの見解を発表しました(Space agency moon exploration planner Douglas Cooke says the poles are safer and have more moderate temperatures)。

両極は常に太陽光を受けられる場所であるのみならず、生命維持に必要な水氷を保存できる暗闇も備えており、そこで酸素や燃料水素を製造できる利点があります(They have not only areas bathed in permanent sunlight but also locales of permanent darkness to preserve water ice that can be used for life support and be broken down into oxygen and hydrogen fuels)。

クック氏は、有力な候補地は月の南極のシャクルトン・クレーター付近であるが、「ルナー・リコナイサンス・オービタ」を2008年後半に打ち上げ、その探査機で詳細な月の地形データを得てから判断すると述べました(Cooke says the most likely target is Shackleton crater at the moon's south pole, but that the final base location will be determined when the Lunar Reconnaissance Orbiter completes a detailed moon map after its late 2008 launch)。
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

火星探査機、通信が途絶える

NASA Says Oldest Mars Satellite May be Dead

【単語・フレーズの意味】
・NASA 米航空宇宙局(=National Aeronautics and Space Administration)
・Mars 火星
・satellite 衛星、(人工)衛星


★テーマ「火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤー」


(ひと言)
アメリカ航空宇宙局(NASA)は、1996年11月に打ち上げられ、火星を周回していた探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」との交信が11月2日に途絶えたとして、同探査機はその使命を終えたようだと発表しました。


The U.S. space agency NASA says its oldest satellite orbiting Mars has probably ended its career.

米航空宇宙局NASAは、最古参の火星周回探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が使命を終えたようだと発表した。

【単語・フレーズの意味】
・agency 機関
・orbit ... …の周りを回る
・career 経歴、生涯


NASA engineers lost contact with it about three weeks ago and are losing hope of ever hearing from it again.

NASAのエンジニアは、およそ3週間前から探査機との交信が途絶え、通信復活の可能性が失われた。


But NASA is celebrating its accomplishments rather than mourning its apparent death.

しかしながらNASAの職員らは探査機との交信が途絶えたことを悲しむよりもその偉業を達成したことに称賛を送った。

【単語・フレーズの意味】
・accomplishment 業績、偉業
・mourn ... …を嘆き悲しむ
・apparent 見たところ、明らかに


The Mars Global Surveyor arrived at the red planet nine years ago. It was the first of several orbiters that are surveying the cold, barren landscape, looking especially for signs of water and relaying signals from the two robotic rovers crawling over the terrain.

マーズ・グローバル・サーベイヤーは9年前にこの赤い惑星に到着した。この寒冷で不毛な地表を調査した探査機の中でも、液体の水が流れていたとされる跡を発見したり、地表を走行する2台の探査車(オポチュニティーとスピリット)からの信号を中継したりとこれほどの活躍をしたのはこの探査機が初めて。

【単語・フレーズの意味】
・orbiter 軌道船
・survey ... …を調査する
・barren 不毛な
・landscape 風景、地表


(追記)
9年間の間、データを送り続け、11月2日に交信が途絶え、それ以来信号が届けられることはありませんでした(For nine years it pumped out data until November 2, when it emerged from a communications blackout behind Mars and never beamed another signal)。
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

欧州宇宙機関の探査機、月面衝突で任務終える

European Probe Makes Controlled Crash on Moon

【単語・フレーズの意味】
・probe 宇宙探査機
・crash 衝突


★テーマ「欧州宇宙機関(ESA)の月探査機がミッション完了」


(ひと言)
欧州宇宙機関(ESA)は3日、2003年9月に打ち上げ、役目を終えた無人月探査機「スマート1」を、月面に衝突させることに成功したと発表しました。


A European Space Agency probe has completed a three-year mission to test deep space technologies by making a controlled crash on the moon.

欧州宇宙機関(ESA)の探査機が、宇宙工学の実験的な運用のため、月面に衝突させ、3年の役目を終えた。


The SMART-1 probe hit the lunar surface at 0542 UTC Sunday on a volcanic plain called the Lake of Excellence at a speed of about 7,200 kilometers per hour. It had orbited the moon for the past 14 months.

探査機「スマート1」は、3日のグリニッジ標準時午前5時42分に「卓越の湖」と呼ばれる火山地帯に、時速約7200キロのスピードで激突した。「スマート1」はここ1年と2カ月の間、月を周回していた。

【単語・フレーズの意味】
・lunar surface 月面
・UTC(=Universal Time Coordinated) 協定世界時
・volcanic 火山の


(追記)
「スマート(SMART)」は「先進的な技術研究のための小型ミッション(Small Mission for Advanced Research and Technology)の略で、2003年9月に打ち上げられました(SMART stands for Small Mission for Advanced Research and Technology. The craft was launched in September of 2003)。
posted by dsk at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

冥王星、惑星から降格

冥王星、惑星から降格

Pluto Demoted, No Longer a Planet

【単語・フレーズの意味】
・Pluto 冥王星
・demote ... …の地位を下げる
・planet 惑星


★テーマ「冥王星、惑星から降格、矮(わい)惑星へ」


(ひと言)
チェコのプラハで開催している国際天文学連合(IAU、International Astronomical Union)総会で24日、太陽系の惑星数を8個として、冥王星を外す案が賛成多数で採択されました。


Pluto is no longer a planet. The world's top group of astronomers, the International Astronomical Union, has stripped Pluto of the status it has held since its discovery 76 years ago. The body decided that, when it comes to planets, size matters.

冥王星はもはや惑星ではなくなってしまった。世界でトップクラスの天文学者からなる国際天文学連合(IAU)は冥王星を、1930年に発見されて以来、保たれていた惑星という地位から降格させた。国際天文学連合は、惑星は大きさが重要であるとの見解を示した。

【単語・フレーズの意味】
・astronomer 天文学者
・strip ... of 〜 …から〜を奪う
・body 団体
・when it comes to ... …に関して言えば
・matter 重要である


The International Astronomical Union's general assembly, meeting in Prague, has voted to accept only eight planets in our solar system. A U.S. astronomer who was there, Richard Binzel of the Massachusetts Institute of Technology, says the astronomical community has decided Pluto is not a planet, but something else.

プラハで開催している国際天文学連合の総会で、太陽系の惑星は8個のみとする案が可決された。協議に加わった天文学者メンバーの一人である米マサチューセッツ工科大学のリチャード・ビンゼル氏は、天文学連合は冥王星は惑星ではなく、異なるジャンルに属するものだとの決定を下したと発表した。

【単語・フレーズの意味】
・general assembly 総会
・Prague プラハ。チェコの首都 ※発音・つづり注意
・solar system 太陽系
・Massachusetts Institute of Technology マサチューセッツ工科大学(=MIT)


"The community has decided that Pluto is best described as a 'dwarf' planet," said Binzel.

ビンゼル氏は「我々は、冥王星は『矮惑星』というジャンルに入ることがふさわしいと決定した」と述べた。

【単語・フレーズの意味】
・dwarf 小さい、小型の
posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

中国、有人宇宙船の打ち上げ成功

Manned Chinese Spacecraft Enters Earth's Orbit

【単語・フレーズの意味】
・manned 有人の ※unmanned 無人の
・spacecraft 宇宙船
・orbit 軌道


★テーマ「宇宙」

(ひと言)
中国の有人宇宙船「神舟6号」が内モンゴル自治区西部の酒泉衛星発射センター(Jiuquan Satellite Launch Center)から打ち上げられました。


China says a space capsule carrying two Chinese astronauts has entered Earth's orbit after blasting off early Wednesday morning.

中国政府は、水曜日の早朝の打ち上げ後、2人の中国人宇宙飛行士を乗せた宇宙船が地球の軌道上に入ったことを発表した。

【単語・フレーズの意味】
・astronaut 宇宙飛行士(特に米国の)
・blast off (ロケットなどが)飛び立つ、発射する


State media say the (Shenzhou-6) capsule entered a fixed orbit about 20 minutes after lift off.

国営メディアは「神舟6号」が打ち上げ後およそ20分で周回軌道に乗ったことを発表した。

【単語・フレーズの意味】
※「state media」は「Xinhua News Agency」のこと。新華社通信。中国の国営による(China's state-run)通信社
・fixed 一定の、固定の、定まった


(追記)
中国の有人宇宙船の打ち上げは2003年10月の「神舟5号」以来となります。
posted by dsk at 14:02| Comment(0) | TrackBack(3) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

史上3人目の民間人が宇宙へ

Soyuz Spacecraft Heads to International Space Station


【単語・フレーズの意味】
・Soyuz ソユーズ。旧ソ連時代から続くロシアの有人宇宙ロケット
・spacecraft 宇宙船
・head to ... …へ向かう
・International Space Station 国際宇宙ステーション(=ISS)


★テーマ「宇宙」

(ひと言)
「ソユーズ」が国際宇宙ステーションに向けて飛び立ちました。

米国のウィリアム・マッカーサー飛行士(American astronaut Bill McArthur)とロシアのバレリー・トカレフ飛行士(Russian cosmonaut Valery Tokarev)、また「宇宙旅行者」として民間人のグレゴリー・オルセン(Gregory Olsen)氏が乗船しています。

※米国の「宇宙飛行士」は「astronaut」、ロシアは「cosmonaut」


A Russian Soyuz spacecraft blasted off from the Baikonur Cosmodrome in Kazakhstan carrying a three-man crew that includes a businessman from New Jersey. Gregory Olsen is the third so-called space tourist to pay for a week-long stay on the International Space Station.

ロシアの宇宙船「ソユーズ」がカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から飛び立った。「ソユーズ」には、3人が乗船しており、そのうちの1人、ニュージャージー州に住む実業家のグレゴリー・オルセン氏はいわゆる3人目の「宇宙旅行者」で代金を払って、国際宇宙ステーションで1週間にわたり滞在する。

【単語・フレーズの意味】
・blast off (ロケットなどが)飛び立つ、発射する
・cosmodrome 宇宙基地、宇宙センター
・crew 乗組員
・businessman 実業家
・week-long 1週間にわたる、1週間続く


(追記)
科学者でもあり、光学技術研究者でもあり、実業家でもあるグレゴリー・オルセン氏(59歳)は、2001年の米国のデニス・チトー(Dennis Tito)氏、2002年の南アフリカのマイク・シャトルワース(Mark Shuttleworth)氏に続き、史上3人目の民間人宇宙旅行者となりました。

国際宇宙ステーションにドッキングした後は、ステーションで作業を行っていた2人の飛行士と共に10月11日に帰還し、マッカーサー、トカレフ両飛行士はそのままステーションに留まります。

スペースアドベンチャーズ社(Space Adventures Ltd. 本社:米国ワシントンDC)が提供するこのツアーは2000万ドル($20 million)、日本円にして約22億円。高いのか、ひょっとしたら安いのかもしれませんが、壮大なツアーですね。

個人的にスペースアドベンチャーズ社の東京事務所があったことにビックリしました。
posted by dsk at 22:55| Comment(1) | TrackBack(1) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。