2006年07月26日

安保理、イスラエル軍の国連施設の空爆に非難

Security Council Expresses Shock at Israeli Attack on UN Post

【単語・フレーズの意味】
・Security Council (国連)安全保障理事会
・Israeli イスラエルの ※「イスラエル」は「Israel」
・post 駐屯部隊、軍隊駐屯地


★テーマ「レバノン情勢」


(ひと言)
レバノン南部の国連レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)関連の施設がイスラエル軍の空爆を受け、4人が死亡した事件を受けて、国連安全保障理事会は深い衝撃と悲しみを表明しました。


The U.N. Security Council has expressed shock and distress at Israel's bombing of a U.N. post in Lebanon that killed four military observers.

国連安保理は、イスラエル軍がレバノンの国連施設空爆で4人を殺害した事件に対して、
深い衝撃と悲しみを表明した。

【単語・フレーズの意味】
・U.N. 国際連合、国連(=United Nations)
・distress 苦痛、悩みの種
・Lebanon レバノン ※「レバノンの」は「Lebanese」
・military 軍、軍隊
・observer 監視者


Nearly 48 hours after an Israeli bomb killed four members of a U.N. observer mission, the Security Council Thursday adopted a brief statement expressing shock and offering condolences to families of the victims.

イスラエル軍が国連施設を爆撃し4人を殺害した2日後の27日、国連安保理は短い声明で、驚きを表すとともに、遺族に弔意のメッセージを送った。

【単語・フレーズの意味】
・statement 声明
・condolence お悔やみ、弔辞
・victim 犠牲者、被害者


(追記)
国連レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)は1978年に監視目的でイスラエルとレバノンの国境に設けられました(UNIFIL was established 28 years ago to monitor the Israel-Lebanon border)。


posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国連(UN) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。