2006年09月10日

スペースシャトル「アトランティス」打ち上げ成功

NASA Finally Launches Shuttle After Days of Delays

【単語・フレーズの意味】
・NASA 米航空宇宙局(=National Aeronautics and Space Administration)
・launch ... …(ミサイルなど)を発射する
・delay 延期


★テーマ「スペースシャトル打ち上げ成功」


(ひと言)
米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「アトランティス」は9日午前11時15分(日本時間10日午前0時15分)、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられました。国際宇宙ステーション(ISS=International Space Station)に太陽電池パネルなどを運搬、取り付ける作業に取り組みます。


The U.S. space shuttle Atlantis has reached orbit, after a successful launch following nearly two weeks of delays.

およそ2週間の延期の後、スペースシャトル「アトランティス」は打ち上げに成功し、地球周回軌道に入った。

【単語・フレーズの意味】
・orbit 軌道


The shuttle was launched Saturday on a mission to the International Space Station. If weather or technical problems had prevented today's launch, the space agency, NASA, would have faced a delay of several weeks, because a Russian mission to the station is planned for later this month.

アトランティスは9日打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)に向かう。今回、天候や技術上の問題で打ち上げできなかったら、ロシアが9月中に宇宙船を打ち上げる予定があるため、打ち上げ可能時期が数週間後にずれこむ可能性があった。

【単語・フレーズの意味】
・International Space Station 国際宇宙ステーション(=ISS)


Astronauts on Atlantis plan to attach a new set of solar energy panels to the space station to help generate power. Those panels will reach 80 meters in length when fully unfurled.

アトランティスに乗船している宇宙飛行士らは発電用の新しい太陽電池パネルをISSに取り付ける作業を行う。このパネルは完全に広げると80メートルの長さになる。

【単語・フレーズの意味】
・astronaut (特に米国の)宇宙飛行士 ※ロシアは「cosmonaut」
・attach ... to 〜 …を〜に結びつける
・generate ... …を発生させる
・unfurl ... …を広げる


(追記)
ISS建設は2003年2月に発生したシャトル「コロンビア」空中分解事故により、長い間中断されていました(Construction on the space station was halted after the shuttle Columbia disaster in February 2003 forced a long moratorium on shuttle flights)。

コロンビアの事故は大気圏再突入時に発生し、搭乗していた飛行士7人全員が死亡しました(Columbia broke up on re-entry to the earth's atmosphere, killing all seven astronauts on board)。


posted by dsk at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。