2006年08月20日

イラク・バグダッドで巡礼者襲撃

More Sectarian Violence in Iraq

【単語・フレーズの意味】
・sectarian 宗派(間)の
・Iraq イラク


★テーマ「イラクで宗派間抗争」


(ひと言)
20日、イラクの首都バグダッドで、イスラム教シーア派の宗教行事のため聖廟に向かっていた巡礼者が武装グループの襲撃を受け、20人が死亡しました。


Gunmen have killed some 20 Iraqis at a large Shiite Muslim religious procession in Baghdad. Several hundred others were injured in the chaos that followed.

イラク・バグダッドで、盛大なイスラム教シーア派教徒の行列に武装グループが銃撃し、およそ20人が死亡し、数百人がその後の混乱で負傷した。

【単語・フレーズの意味】
・some およそ、約
・Shi'ite(or Shiite) シーア派の信徒、シーア派の
・Muslim イスラム教の、イスラム教徒
・procession 行列
・Baghdad バグダッド。イラクの首都 ※つづり注意
・chaos 混乱(状態)


(追記)
駐留米軍とイラク治安部隊の強化策にも関わらず、スンニ派とシーア派の武装闘争は依然として続いています(Continuing violence between Sunni and Shiite militants comes despite a stepped up U.S. and Iraqi security presence in the capital)。

イラクで暴動による死傷者は1カ月で3000人にものぼり、1日平均で100人を超える人々が殺されています(The daily death toll from violence in Iraq now stands at more than 3,000 a month, or averaging more than 100 killings a day)。


posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。