2006年06月17日

MS創業者ビル・ゲイツ氏、2008年に一線引退

World's Richest Man Turns His Focus to Philanthropy

【単語・フレーズの意味】
・philanthropy 慈善活動、慈善事業


★テーマ「ビル・ゲイツ氏、2008年に第一線を退く」


(ひと言)
マイクロソフト(MS)の創業者であるビル・ゲイツ会長は15日、2008年7月に同社の経営の第一線から退き、慈善財団の活動に専念すると発表しました。


The man who built the world's largest software company says he will slowly give up his day-to-day management role to focus more on his international charitable organization.

世界で最も大きなソフトウエア会社を設立したビル・ゲイツ氏が段階的に日々の経営の第一線を退き、国際的な慈善財団の活動に重心を移すと発表した。

【単語・フレーズの意味】
・charitable organization 慈善団体


Bill Gates, the chairman of Microsoft and the world's richest man, announced Thursday he would hand over daily responsibility for the computer giant during a two-year transition period. He said, however, he would remain chairman, as well as the company's largest shareholder.

マイクロソフトの会長であり、世界で最も裕福なビル・ゲイツ氏は15日、2年間の移行期間を設けて、巨大コンピュータ事業の経営の一線を退くと発表した。しかしながら、ゲイツ氏は(非常勤)会長職にはとどまり、最大の株主であり続けると語りました。

【単語・フレーズの意味】
・hand over ... (or hand ... over) …をゆだねる
・giant 巨大企業
・transition 移り変わり
・shareholder 株主


(追記)
ビル・ゲイツ氏は共同で小さなコンピュータ会社を立ち上げ、コンピュータ技術分野で世界的規模の会社へと発展させました。マイクロソフト(MS)のソフト「ウィンドウズ」は世界中のパソコンでおよそ90%のシェアを占めています(Gates co-founded and nurtured the small computer start-up company into a global force in technology. Microsoft Windows software runs an estimated 90 percent of the world's personal computers)。

50歳のMS創業者ビル・ゲイツ氏と妻であるメリンダさんは財団を立ち上げ、世界の貧困解消から、貧しい人たちが医療を利用できる道筋を開拓したりと、世界の難題に取り組んでいます。この財団は資産が約290億ドル(約3兆3000億円)で世界的にも最大規模の慈善団体となっています(The 50-year-old software architect and his wife, Melinda, created the Gates Foundation, which works to tackle some of the world's greatest problems, including poverty and access to healthcare for the poor. The foundation is now the world's largest philanthropy, with assets totaling $29 billion)。


posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。