2006年03月30日

改宗、亡命したアフガン男性がローマ法王に感謝の意

Afghan Convert Thanks Pope for Saving His Life

【単語・フレーズの意味】
・Afghan アフガニスタン(人、語)の ※Afghanistan アフガニスタン
・convert 改宗者
・Pope ローマ法王


★テーマ「改宗したアフガン男性がイタリアに亡命」


(ひと言)
アフガニスタンにおいて、イスラム教からキリスト教への改宗した同国のアブドゥル・ラフマン氏が、イタリアへ亡命しました。

アフガニスタンの法廷において、ラフマン氏は背信行為で死刑判決が下される恐れがありましたが、ラフマン氏が精神不安定の状態であるとして釈放されました。その後、イタリア政府がラフマン氏の亡命受け入れを表明しました。

一方、欧米、ローマ法王からラフマン氏助命の声も広がっていました。


An Afghan man who faced the death penalty for converting from Islam to Christianity has thanked Pope Benedict XVI and Rome for intervening on his behalf.

イスラム教からキリスト教に改宗したとして、死刑宣告の恐れがあったアフガニスタン人の男性が、助命を求めたローマ法王ベネディクト16世と、亡命を受け入れたイタリア政府に感謝の意を表明した。

【単語・フレーズの意味】
・penalty 刑罰
・death penalty 死刑
・Islam イスラム教
・Christianity キリスト教
・intervene 調停する、介入する
・on one's behalf ... …のために、代わりに


Abdur Rahman, who has taken asylum in Italy, arrived in Rome Wednesday. Thursday, he said he never wants to return to Afghanistan but that he is worried for his family.

イタリア政府に亡命を受け入れられたアブドゥル・ラフマン氏は29日、ローマに到着した。30日、ラフマン氏は今後はイタリアに残りたいとの意思を示したが、家族のことが気がかりだと語った。

【単語・フレーズの意味】
・asylum 保護、亡命


Earlier, a purported spokesman for the Taleban condemned an Afghan court's decision to free Rahman and called for Afghans to rise up against the decision.

これに先立ち、タリバンの報道官とされる男性が、ラフマン氏を解放するといったアフガニスタンの法廷の判決に異議を唱え、国民に対してこの決定に対して反対の抗議を行うよう求めた。

【単語・フレーズの意味】
・purport ... (しばしば偽って)…であると称する
・Taleban(=Taliban) タリバン。アフガニスタンのイスラム原理主義組織
・condemn ... …を非難する
・court 裁判所、法廷
・free ... …を解放する、釈放する
・rise up against ... …に反対して立ち上がる


In Washington Wednesday, the U.S. House of Representatives unanimously passed a resolution urging Afghanistan to respect religious freedom.

ワシントンで29日、米下院が信教の自由を尊重するようアフガン政府に求める決議案を全会一致で採択した。

【単語・フレーズの意味】
・House of Representatives 下院 ※日本では「衆議院」
・unanimously 全会一致で
・pass ... …を可決する
・resolution 決議、決議案
・urge ... to ~ …に〜するよう強制する


(追記)
アフガニスタンの憲法では人権擁護を掲げているものの、背教行為は極刑といったイスラム法も原則としています(Afghanistan's constitution upholds principles of civil liberties and Islamic law, which stipulates death for any Muslim who abandons Islam)。


posted by dsk at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 欧州連合(EU) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。