2006年07月03日

イスラエル軍、ガザ市内の自治政府首相府を爆撃

Israel Bombs Palestinian Prime Minister's Office


★テーマ「イスラエル軍、ガザ侵攻」


(ひと言)
パレスチナ自治区ガザに侵攻したイスラエル軍は依然として大規模な攻撃を行っています。


The Israeli Air Force is continuing to pound the Gaza Strip, in an attempt to win the freedom of an Israeli soldier, kidnapped a week ago.

イスラエル空軍は、1週間前に拉致された兵士の解放を唱え、ガザ地区での爆撃を繰り返している。

【単語・フレーズの意味】
・air force 空軍
・pound ... …に連射を浴びせかける
・kidnap ... …を誘拐する、拉致する


Israel is sending a tough message to the leaders of the Islamic militant group, Hamas, which heads the Palestinian Authority.

パレスチナ自治政府の内閣を率いるイスラム原理主義組織ハマスの指導者層に対し、イスラエル側は強烈なメッセージを送り続けている。

【単語・フレーズの意味】
・Islamic イスラムの、イスラム教の
・militant 過激派


(追記)
イスラエル軍のヘリコプターが、ガザ市内のイスマイル・ハニヤ首相の自治政府首相府を2発のミサイルで攻撃し、建物は燃えさかっています。ハニヤ首相は当時、館内にいませんでした(An Israeli helicopter fired two missiles at the empty office of Palestinian Prime Minister Ismail Haniyeh of Hamas in Gaza City, setting it ablaze)。
数時間後、週1回に行われている会議で、イスラエルのエフド・オルメルト首相は、拉致された兵士が解放されるためにはどんな手段もいとわずに実行するとの見解を示しました(Hours later, at the weekly Cabinet meeting, Israeli Prime Minister Ehud Olmert said he will do whatever it takes to win the release of the kidnapped soldier)。

イスラエル側は、1週間前に発生したイスラエル軍基地襲撃と兵士の拉致事件はハマスにの武装集団が関与していたとしてハマスが黒幕ではないかとの見方を強めています(Israel holds the Hamas government responsible for the kidnapping, because gunmen from the group took part in the raid on an Israeli army base a week ago, in which the 19-year-old corporal was seized)。


posted by dsk at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。