2006年03月15日

サアダト議長ら投降でイスラエル軍、拘置所包囲を解除

Prison Siege in Jericho Ends

【単語・フレーズの意味】
・prison 刑務所、拘置所
・siege 包囲攻撃


★テーマ「イスラエル軍、拘置所包囲」


(ひと言)
パレスチナ自治区エリコの拘置所がイスラエル軍に包囲された事件で、拘留されていたパレスチナ解放人民戦線(PFLP)のサアダト議長らが14日、投降しました。

パレスチナ側は拘置所の監視の任から撤退した米英を非難し、パレスチナ自治区の各地では西洋人を狙った拉致事件が発生しました。


Israeli military authorities say a siege at a prison in the West Bank city of Jericho has ended with the surrender of a leading Palestinian militant. The prison siege led to the kidnapping of at least seven westerners in the Palestinian territories, most of whom have now been released.

イスラエル軍当局は、パレスチナ過激派のリーダー、サアダト氏が投降したことにより、ヨルダン川西岸エリコの拘置所の包囲を解除したと発表した。この包囲攻撃を受けて、パレスチナ自治区で少なくとも7人の西洋人が拉致されたが、そのうちのほとんどが解放された。

【単語・フレーズの意味】
・Israeli イスラエルの ※Israel イスラエル
・military 軍の
・authority (通例 the authorities)当局
・West Bank ヨルダン川西岸
・surrender 降伏
・leading 先導する
・Palestinian パレスチナの ※Palestine パレスチナ
・militant 過激派
・kidnapping 誘拐
・territory 領土、領域


After a day-long siege by Israeli troops using tanks, helicopters and bulldozers, Ahmed Saadat the leader of the Popular Front for the Liberation of Palestine, or the PFLP, surrendered to Israeli military authorities.

戦車や武装ヘリコプター、ブルドーザーを配備したイスラエル軍が1日にわたって包囲攻撃を展開し、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)のアフメド・サダアト議長はイスラエル軍に投降した。

【単語・フレーズの意味】
・troop 軍隊
・tank 戦車
・Popular Front for the Liberation of Palestine (or PFLP) パレスチナ解放人民戦線
・surrender 降伏する


Saadat and a number of other Palestinian militants were being held at the prison under the supervision of British and U.S. monitors. Those linked to Saadat were detained after the PFLP claimed responsibility for the assassination of Rehavan Zeevi, Israel's tourism minister, in 2001.

サアダト議長と過激派のメンバーの多くが米英両国の監視要員によって監視下に置かれていた。2001年、PFLPがイスラエルのレハバム・ゼエビ観光相を殺害したと犯行声明を出した後に、サアダト氏とつながりのある人々が拘束されていた。

【単語・フレーズの意味】
・a number of ... 多くの…、何人かの… ※両方の意味があることに注意
・hold ... …を拘留する
・supervision 監督、管理
・monitor 監視装置、監視人
・detain ... …を拘留する
・claim responsibility for ... …の責任を認める、…の犯行声明を出す・assassination 暗殺
・minister 大臣


(追記)
14日午前に国際合意のもとで拘束者監視の任に当たっていた米英両国の監視要員が、安全の保障が確保されていないという理由を挙げて施設から撤退しました。その後に、イスラエル軍の包囲攻撃が行われました(Israeli troops moved into Jericho early Tuesday after British and U.S. monitors who have been responsible for monitoring the prisoners under an international agreement vacated the facility, citing security concerns)。

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長は欧州の旅程を切り上げ、自治区に戻り、この事件の対応策を検討しています。アッバス議長は、国際監視団が撤退したためにイスラエル軍の攻撃が行われた、との見方を示しました(Palestinian President Mahmoud Abbas cut short a trip to Europe to return to the Palestinian territories to deal with the crisis. Mr. Abbas said the withdrawal of the international monitors led to the Israeli action)。

しかしながら、ジャック・ストロー英外相は議会において同日、パレスチナ当局は撤退の通達を事前に受けていたことと、また当局は施設の安全を提供する義務を果たしていなかったと述べ、この批判を退けました(However British Foreign Secretary Jack Straw speaking in Parliament on Tuesday rejected the criticism, saying Palestinian authorities had received advance notice of the withdrawal, and it was Palestinian authorities who had failed to fulfill their obligations to provide adequate security at the facility)。


posted by dsk at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。